FC2ブログ

02月≪ 2009年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ヘッドライン

2009.03/06(Fri)

日本政府、北朝鮮がミサイル発射した場合、朝鮮総連など在日関係団体の資産を凍結する方針を固める 

1 : 依頼481 :2009/03/06(金) 03:03:25.25 ID:3Pgw3AXJ● ?PLT(12118) ポイント特典
政府は5日、北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の改良型とみられる「人工衛星」を発射した場合、
現行の制裁措置に加え、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)など北朝鮮関係団体の資産凍結や輸出制限措置を
発動する方針を固めた。

北朝鮮による核開発やミサイル関連部品の入手を防ぎ、資金源を断つのがねらいで、国連安全保障理事会にも
制裁強化を提起する。

また、第3国経由の不正輸出や海外送金に関しては、外為法などの罰則強化も検討する。(尾崎良樹)

外務省の斎木昭隆アジア大洋州局長と北朝鮮担当のボスワース米特別代表は5日の会談で北朝鮮が
「人工衛星」の打ち上げと発表した場合でも、国連安全保障理事会決議違反に当たることを確認。
斎木氏は制裁策として、北朝鮮関係団体の資産凍結など日本側の対応を説明したもようだ。

資産凍結では、米国がマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した疑いでマカオの北朝鮮の関連口座を
凍結したことがあり、「日本でも朝鮮総連関係などの資産が凍結されれば効果は大きい」(政府関係者)とみられる。

また、北朝鮮への輸出を原則禁止とし、アジア諸国を経由した迂回(うかい)輸出の監視も強化する。

国連加盟国は2006年11月の安保理決議1718号に基づき、北朝鮮の核開発や大量破壊兵器、
弾道ミサイル計画に関連する資産・口座を凍結できる。政府は凍結対象を広げ、
「武器関連」とする新たな安保理決議採択を求めることも検討している。
(>>2へ続く)

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090306/plc0903060120000-n2.htm


2 : 依頼481 :2009/03/06(金) 03:03:42.88 ID:3Pgw3AXJ
(>>1の続き)

ミサイル発射なら北資産を凍結 日本政府

政府が北朝鮮の弾道ミサイル発射に合わせた制裁強化の方針を固めた背景には、
「北朝鮮の弾道ミサイルの脅威を一番受けるのは日本」(外務省筋)という安全保障上の要請や、
拉致問題が一向に進展しない現状がある。

北朝鮮関連団体の資産凍結や輸出制限はすでに厳しい制裁措置を科してきた日本にとって「数少ないカード」
(政府筋)だ。

日本の毅然(きぜん)とした姿勢を国内外にアピールし、国際的な対北包囲網を再構築する狙いもある。

「北朝鮮は国連の安保理決議違反だけでなく、日本を無視し、拉致問題に関する約束も守っていない。
仮にミサイルを撃てば『行動対行動』だ」

政府筋の一人は追加制裁の目的について、こう説明する。昨年8月の日朝公式実務者協議で合意した
拉致被害者の再調査は実行されない一方で、米国が北朝鮮のテロ支援国家指定を解除してしまった現在、
日本は独自の対応を迫られているという事情もある。

オバマ新政権の対北朝鮮政策はまだ明確でないが、「米朝直接対話と6カ国協議の両輪で進める」
(米政府関係者)とみられる。
日本としては国際的にも非難される弾道ミサイル発射を機に制裁措置を強化することで、米国や韓国など
関係国の対北政策をリードしたい思惑もある。
政府内の一部には、今回の北朝鮮の弾道ミサイル発射準備について、「北朝鮮は、日本方面にミサイルを撃つ
というバカなことはしない」(外務省幹部)とたかをくくり、圧力強化に消極的な意見もある。

しかし、北朝鮮が平成10年8月に発射した「テポドン」は三陸沖の太平洋に着弾。18年7月に「テポドン2号」
など計7発を発射したときには日本海に着弾しており、弾道ミサイルの脅威を日本が強く受けていることは
紛れもない事実だ。

日本国内から、北朝鮮の核・ミサイル開発に転用可能な部品や装置などの不正輸出が継続的に行われてきた
実態もあり、追加制裁の必要性は以前から指摘されてきた。制裁強化には拉致問題の進展を北朝鮮に
迫る効果も期待できそうだ。



13 : すずめちゃん(山梨県) :2009/03/06(金) 03:06:39.67 ID:fQhPJUlC
今すぐにでもやれ
スポンサーサイト



 |  12:11 |  国際  | トラックバック(0)  | コメント(34) | Top↑
2009.03/06(Fri)

【速報】小沢一郎の愛犬「クロ」が何かを察知し逃亡をはかるが失敗。警備員に取り押さえられる 

1 : すずめちゃん(catv?) :2009/03/06(金) 09:54:41.00 ID:1hBwlMhP ?PLT(12475) ポイント特典
民主党の小沢一郎代表(66)の愛犬が5日朝、逃げだそうとした。
愛犬はシバ犬2匹のうちの1匹で、名前は「クロ」。
午前8時すぎ、30~40人の報道陣が小沢氏の自宅を取り囲んでいたところ、敷地外にひょっこり現れた。

秘書逮捕により周囲はピリピリムードの中、クロは自宅の周辺をウロウロ。
“主人”の小沢氏が午前8時半ごろに家を出発した後、警備員によって無事連れ戻された。
当時、自宅では関係者が慌ただしく出入りしており、どこかの開いた扉から出てきたとみられる。

愛犬家で知られる小沢氏。
かつては飼っていたシバ犬「ちび」を引き連れ、早朝に散歩をしていた。
だが、ちびは07年に死去。08年4月からは、シバ犬「クロ」と「チャイ」を飼っていた。
ただならぬ様子の小沢氏に、クロは何かを察知したのだろうか。


http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090306-OHT1T00070.htm


16 : すずめちゃん(熊本県) :2009/03/06(金) 09:57:54.36 ID:1uOWgE+i
犬までクロかよ
 |  11:45 |  その他  | トラックバック(0)  | コメント(14) | Top↑
2009.03/06(Fri)

【終了】小沢、違法献金システムのダミー会社「設立」に関与していた しかも献金先は小沢だけ 

1 : すずめちゃん(東京都) :2009/03/06(金) 02:53:25.20 ID:CM2A8vED ?PLT(12238) ポイント特典
小沢氏側、ダミー団体設立に関与 西松と事前協議

 西松建設の巨額献金事件で、同社が1995年、ダミーとされる政治団体「新政治問題研究会(新政研)」を
設立して献金を始めた際、小沢一郎民主党代表側が事前協議の上、了承していたことが5日、
関係者の話で分かった。
違法献金システムの構築に小沢代表側が関与していたことが明らかになったのは初めて。
 両者は当時、毎年2500万円前後を献金するよう調整していたことが既に判明。
東京地検特捜部は、小沢代表側が当初から違法性を認識し、巨額の献金を受け入れていたことを
裏付ける事情とみて、引き継ぎを受けた小沢代表の公設第1秘書大久保隆規(おおくぼ・たかのり)容疑者(47)
=政治資金規正法違反容疑で逮捕=から詳しい経緯を確認している。

 95年の改正政治資金規正法施行で、政治家個人への企業献金は資金管理団体に限定された。
 関係者によると、この際、西松建設は1社からの献金額突出が表面化しないよう、
新政研を迂回させる献金システムへの切り替えを小沢代表側に提案、了承された。
大久保容疑者は小沢代表の資金管理団体「陸山会」の会計責任者に就任した2000年、前任者からこうした
システムを引き継いだとしている。

 西松建設はその後、もう1つのダミー団体「未来産業研究会」を設立したが、06年の解散までの3年間の
収支報告書によると、献金先は小沢代表側だけだった。

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030501001082.html


5 : すずめちゃん(埼玉県) :2009/03/06(金) 02:54:33.10 ID:Bn6PyJ6O
終わったな
 |  11:20 |  事件・事故  | トラックバック(0)  | コメント(17) | Top↑
 | BLOGTOP |