FC2ブログ

07月≪ 2008年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ヘッドライン

2008.08/31(Sun)

ハングルが美しいから韓国人の心も美しい 韓国人の心が美しいからこそ社会が美しくなる 

1 : マーモット(東京都) :2008/08/30(土) 12:27:34.81 ID:7Fw7TmUk0 ?PLT(12001) ポイント特典
言葉と文字は国の精神、民族の生命だ。己の言葉と文字を失った瞬間、民族の息も途絶える。
1世紀にわたりひたすら韓国の言葉と文字を守ってきたハングル学会が、31日に100周年を迎える。
国が危機に直面していた1908年8月31日に周時経(チュ・シギョン)が国語研究学会を立ち上げ
「ことば運動」を繰り広げてから、この日でちょうど100年となる。

 国語研究学会は朝鮮語研究会、朝鮮語学会、ハングル学会へと受け継がれる中で、「言葉と
文字を失わない限り民族は滅亡しない」という真理を歴史の中で証明してみせた。言葉と文字の
根を抜き民族を抹殺しようとする日帝に立ち向かい、「ハングルの日」の制定、正書法の統一、
標準語づくりに全力を尽くした。国語辞典を発行する過程で大勢の人が命を落とし、獄中生活を
送った。「ことば運動」は暗黒から国を助ける抗日民族運動だった。建国後もハングル学会は、
国語教師の養成、教材の編纂、ハングル専用運動、国語の純化、ハングルの機械化と世界化に
力を注いだ。ハングル学会の100年は、民族に絶えず国語の大切さとありがたみを言い聞かせ
てきた100年だった。

 ハングルは今、世界化時代における韓国の代表的文化商品だ。1997年には世界記録遺産に
登録され、現在では64カ国742大学で教えられている。韓国語能力試験を受ける外国人の数は
昨年7万2000人に達し、国際特許協力条約では10大国際公用語に採択された。ハングルの
国際的位相をさらに高め、韓国語を世界に広めていく道を探し出す、そうした仕事もまた
ハングル学会が担っている。

 ハングル学会の前には、新たな100年が広がっている。言語の多様性が世界的に強調される
国際化時代にあって、母国語運動が行き過ぎて排他的になったり一方に流れてしまわぬよう、
警戒する知恵が必要になった。ハングル学会の金昇坤(キム・スンゴン)会長は、「言葉が
美しいからこそ、その言葉を使う国民の心が美しくなり、国民の心が美しいからこそ、社会が
美しくなる」と語った。ハングル学会の新たな100年が、民族が持つ最も美しく、貴重で、
誇るべき遺産をより一層輝かしく繁栄させることを期待する。


http://www.chosunonline.com/article/20080830000027


15 : 明日もバイト(アラバマ州) :2008/08/30(土) 12:29:50.35 ID:Z+EhNFHg0
心が純粋だからレイプするんですね、わかります
スポンサーサイト
 |  12:14 |  特定アジア  | トラックバック(0)  | コメント(40) | Top↑
 | BLOGTOP |