FC2ブログ

06月≪ 2008年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ヘッドライン

2008.07/04(Fri)

飼いネコの首輪に手紙をつけたら、女子中学生から返事が来た 

1 : イレーザ(東京都) :2008/07/03(木) 07:50:00.15 ID:I/Wve0J90 ?PLT(12000) ポイント特典
ネコの郵便屋さん、2家族結ぶ 熊本・天草

熊本県天草市に手紙を運ぶネコがいる。
首輪に手紙をぶら下げ、かわいがってくれる近所の2軒を行き来し、もう20通ほど「配達」した。
朝出した手紙はその日に届くことが多く、時には1、2時間で着く「速達」になることもある。
ネコの郵便屋さんのおかげで、飼い主同士の交流も始まった。

ネコは天草市倉岳町棚底のアルバイト山本光広さん(69)方で3年ほど前に生まれた雄の雑種で、
名前は「たま」。生後半年で姿を消したが、昨年秋に帰ってきた。
手入れされ、毛並みがきれいだったため、妻の幸子さん(68)が
「どなたかこのネコを飼っているんですか」と書いた紙をたたみ、首輪にくくりつけた。
数日後、首輪に「大人の方ですか。字がきれいですから」との返事を下げてきた。

ネコの首に袋をぶら下げ、何度か手紙をやりとりしたところ、相手は近所に住む
県立苓明(れいめい)高校1年生の魚本奈実さん(15)=当時は中学3年生=とわかった。

魚本さん方では一昨年夏、家の前にいたネコに祖母のツヤ子さん(74)が気づき、
餌をやったらそのまま居ついた。魚本家では「小豆のようにかわいい」と「あずきち」と呼び、
奈実さんと姉の英里さん(17)=同高3年=が風呂に入れ、ブラシをかけ、添い寝をしてかわいがった。


 

http://www.asahi.com/national/update/0702/SEB200807020020.html


6 : アテナ(秋田県) :2008/07/03(木) 07:52:15.87 ID:U9HuT/ZQ0
ようやくうちの猫が役に立つときが来たのか
スポンサーサイト



 |  01:17 |  動物  | トラックバック(0)  | コメント(4) | Top↑
 | BLOGTOP |