FC2ブログ

ヘッドライン

2008.02/11(Mon)

「中国の食品は信じられない」…米五輪チームは食料を空輸 魚などの海産物は日本から 

1 : 高校生(dion軍) :2008/02/11(月) 15:51:11.78 ID:MKsO1u5k0 ?PLT(12030) ポイント特典
8月に開催される北京オリンピック(五輪)の際、米国代表チームはすべての食材料を中国の外から
持ち込むことにした。

米オリンピック委員会(USOC)は、牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類2万5000ポンド(11.3トン)を
ケロッグやタイソンなど米大手食品企業の支援を受けて北京に空輸する計画だと、
米ニューヨークタイムズ(NYT)が9日(現地時間)報じた。

米国から送られた肉類は五輪開幕2カ月前に現地に到着する。 その後、徹底した税関検査を経て、
600人余の米五輪代表チームが到着する3週間前、USOC側に引き渡される予定だ。

USOCの関係者は、2年前から現地調査を行ってきた結果、こうした決定を下した、と明らかにした。
中国産の鶏肉に禁止薬物のステロイドが多量に含まれていることを確認した、ということだ。

NYTはこの関係者の話を引用し、「選手がこの鶏肉を食べた場合、薬物テストで引っかかる可能性もある」と報じた。
これだけではない。 他の多くの食品も殺虫剤や不法薬物で汚染され、米国選手が現地の食品を食べた場合、
病気にかかる危険もあると、USOCは判断した。

このためUSOCは肉類のほか、コーンフレークやエネルギーバーなどの空輸もケロッグ側に要請している。
魚などの海産物は日本から、果物はオーストラリアから持ち込むことにした。

NYTは「米国のように別途の練習センターを確保している国の相当数が自国から食べ物を空輸する計画」と伝えた。
USOCは食品の安全性だけでなく、選手の成績を向上させるため、献立にも格別に配慮している。
毎食700人分の食事を準備するUSOC調理チームは1500種類余のメニューを予定している。

調理チームはこうした徹底的な準備にもかかわらず、北京現地ですべての関係者が問題なく過ごせるか
憂慮している。まず、料理に必要な食材料の多くが現地で調達できないからだ。


続く
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=95871&servcode=600§code=670


12 : 経営学科卒(樺太) :2008/02/11(月) 15:53:12.98 ID:tzdTkaOPO
そして、日本から届けられた海産物の原産地は中国から
スポンサーサイト



 |  17:49 |  海外  | トラックバック(0)  | コメント(5) | Top↑
2008.02/11(Mon)

給食費未納のヤツは法的措置取るぞゴルァ 

1 : 空軍(岡山県) :2008/02/10(日) 20:14:03.35 ID:fL5Hwnux0 ?PLT(15151) ポイント特典
給食費未納に法的措置広がる 「学校給食立ち行かない」

学校給食費未納が全国に広がるなか、保護者に対し法的措置を取る自治体が増えてきた。
払えるのに払わない、という悪質なケースもあり、このままでは
「公平な負担という学校給食制度が立ち行かなくなる」という危機感の表れだ。
静岡県島田市の場合は、07年7月地元の簡易裁判所に未納8世帯への支払い申し立てを行い、
08年1月に一応の決着をみた。

■給食費の回収にきた職員に暴力を振るう親

島田市が07年に給食費未納世帯を調査したところ、68世帯の約500万円が未納であることがわかった。
文書発送や直接訪問で払いを要請したが、「無視」が8世帯あった。
生活に困窮している、という様子でもなく、立派な家に住んでいたり、
中には職員が訪問した際に暴力を振るわれる、という事態も起き、
同市は07年7月に簡易裁判所に支払い申し立てを行った。8世帯合計の滞納額は約120万円。


続きはコチラ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080210-00000001-jct-bus_all


3 : 運び屋(福岡県) :2008/02/10(日) 20:14:59.96 ID:d0tRGZnY0
法的措置を採らないんだったら俺は給食費返せって
国家賠償請求するぞ。
 |  16:58 |  教育・裁判  | トラックバック(0)  | コメント(0) | Top↑
 | BLOGTOP |