08月≪ 2007年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

ヘッドライン

--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09/01(Sat)

実写版ドラゴンボール、実写版AKIRA、権利関係者がゴネてお流れ 

1 : バイト(アラバマ州):2007/09/01(土) 18:25:52 ID:VfZxv7np0 ?PLT(14003) ポイント特典
いつ実現するのか「実写版ドラゴンボール」「実写版AKIRA」

 ジャパニーズ・アニメやマンガを実写映画にしようという動きは、確かにある。例えば
米New Line Cinemaは2005年に、日本のマンガ「MONSTER」の実写版映画を製作すると
発表した(英文リリース)。同マンガは浦沢直樹氏原作で、小学館の「ビッグコミック
オリジナル」誌上で連載されたもの。欧州などを舞台にした本格的サスペンス作品が
映画化されるとあって、日本のマンガファンにとってはうれしいニュースだった。

 水面下ではほかにも、数多くの作品の映画化が模索されている。公式に発表された
トピックとしては2002年頃に、鳥山明氏原作の日本を代表するマンガ「ドラゴンボール」と、
ジャパニメーションの名作として一部で熱狂的なファンを持つ「AKIRA」が、それぞれ実写版
映画化されるとして話題になった。前者は米20th Century Foxが、後者は米Warner Brothersが
それぞれ映画化の権利を獲得している。

 しかしながら、これらの作品はいずれもいまだに映画化されていない。消息筋によれば、
「権利関係者の意見調整にてまどった」とも「満足いく映像が作れずにいる」とも言われている。
詳細な理由は不明だが、何らかの理由で想定したほど順調には劇場公開に結び付けられ
なかったとみていいだろう。

 そもそも映画業界には“面白そうなものは先物買いする”という文化がある。たったひとつの
キラーコンテンツが会社を大いに潤す可能性があるため、「ヒットの種」を幅広く探そうという発想だが、
裏を返せば芽が出ずにいる種が複数ある……という状況ともいえる。

 ともあれ、2002年頃のこうした動きがいまひとつ大ヒットに結びつかなかったことから、
傍目にはこの機運がしぼんだのでははないかという印象もうける。


http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/14/news041.html


28 : fushianasan(愛知県):2007/09/01(土) 18:32:07 ID:+P3I/kYo0
この調子でひぐらしも頼む
スポンサーサイト
 |  19:31 |  映画  | トラックバック(1)  | コメント(0) | Top↑
2007.09/01(Sat)

金で解決…親も子供も宿題丸投げ 代行業者が繁盛 

1 : 右大臣(北海道):2007/09/01(土) 16:49:43 ID:2+2VdNL/0 ?PLT(12008) ポイント特典
「読書感想文」から「自由研究」まで、夏休みの宿題を片づける「宿題代行業者」が登場し、
賛否を呼んでいる。メールなどで届いた依頼に、アルバイトの学生らが有料で応える。
多くの小中学校で夏休み最後となる今週末は“駆け込み客”が殺到しているというが、
「家庭学習の習慣を身につけるという本来の趣旨に反している」と、教育関係者は批判的だ。

インターネット上で宿題代行サイトを主宰するのは大阪市内の20代の男性。このサイト
には東大や京大、阪大、関関同立など全国の有名大学生らが多数、登録している。

算数の文章問題は1問500円、読書感想文は2万円で引き受けるほか、大学生のリポート
(2万円~)や卒業論文(30万円程度)まで幅広く手がけている。

そのほか、夏休みの宿題の定番である工作(5万円)や自由研究(2万円)なども請け負って
おり、これまで実際に「アリの研究」や「河川敷の水質調査」などを提供したという。

依頼は主に親からで、「子供の宿題が期限に間に合わないから」という理由がほとんど。
中には小学生本人から注文が来たこともあるという。メールやFAXで受けた依頼を、業者を
介して登録学生に発注。高額バイトとして一部の学生に人気があり、中には月20万円以上
稼ぐ学生もいるという。

夏休みには問い合わせが通常の約3倍になるといい、今年はこれまでに、小学生の夏休みの
宿題だけで約40件の注文があったという。代行業者は「夏休みが終わる今週末は全国からの
駆け込み客が増えている」と話す。

こうした状況に文部科学省は「家庭学習の習慣を身につけるのが宿題の本来のねらい。その
趣旨からも、宿題を丸投げするのはおかしい」。大阪府教育委員会も「宿題をお金で解決する
という保護者の考えが気になる。それをビジネスにしてしまう業者もどうか。子供の成長を一番に
考えればゆゆしき事態だ」と異議を唱える。


http://www.sankei.co.jp/kyouiku/kyouiku/070901/kik070901000.htm


10 : 名誉教授(神奈川県):2007/09/01(土) 16:52:04 ID:P6kMTBI70
親が糞としか言いようがない
 |  19:30 |  社会・文化  | トラックバック(0)  | コメント(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。