ヘッドライン

--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.06/20(Wed)

押井守監督最新作 「スカイ・クロラ」製作決定 2008年公開 

1 :@株主 ★:2007/06/20(水) 18:01:35 ID:tEnZ2FIY0 株主優待
6月20日、東京・日比谷のワーナー・ブラザース映画試写室で、
押井守監督の最新劇場アニメ
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の製作記者会見が行われた。
この記者会見は本作品製作の初披露であるだけでなく、
押井監督が作品についてメディアに語る最初のものである。
押井監督によれば『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』を
製作するに製作するにあたって、
「僕は今、若い人たちに伝えたいことがある。」といったメッセージのもとに、
説教でも希望を語るでもない今の自分にしか出来ない映画を作るという。
押井守監督といえば『イノセンス』に代表される哲学的なテーマや、
深いテーマ性を語りかけるイメージが強い。


21.jpg

http://animeanime.jp/report/archives/2007/06/_2008.html

http://wwws.warnerbros.co.jp/skycrawlers/


13 : 右大臣(dion軍):2007/06/20(水) 18:06:23 ID:keA+bVfV0
また犬が出てくるんだろ?
スポンサーサイト
 |  23:31 |  映画  | トラックバック(0)  | コメント(0) | Top↑
2007.06/20(Wed)

YouTube日本語版の著作権管理は著作権ヤクザが強く抗議しているけど、世界共通の方法でいくよ 

1 : 工作員(愛知県):2007/06/20(水) 15:16:38 ID:BBjcPdH20 ?PLT(33420)

YouTube日本語版「著作権管理は世界共通の方法で」・CEOらが会見

 米動画投稿サイトのYouTube(ユーチューブ)は19日、
日本語版など9カ国の言語に対応した国別のサービスを始めた(記事参照)。
共同創業者であるチャド・ハーレーCEO(最高経営責任者)と
スティーブ・チェンCTO(最高技術責任者)は日本時間の同日夜、
滞在中のパリで日本の報道陣とビデオ会議で会見した。
日本側の会場はYouTubeを買収した米グーグルの日本法人のオフィス(東京・渋谷)に設けられた。

 質問はテレビ局やレコード会社などコンテンツ企業との関係や
著作権管理の手法、今後の事業計画に集中した。
ハーレー氏らは今回の多言語展開の意義について「国際化への第一歩」とし、
今後国ごとの事情に合わせてローカライズしたサービスを開発する意向を語った。
権利者の許諾を得ない映像の掲載に対し日本の著作権関連団体が強く抗議していることについては
「著作権は常に尊重している」としながらも「国ごとに個別の対応は考えていない」と発言。
グーグルとともに権利を自動認識できる技術を開発しているとして、理解を求めた。

 主な発言は以下のとおり(発言は共同創業者の2人のほか、同席した
サキーナ・アルジワラ・グローバルプロダクト担当マネージャーのものを含む)。

――著作権は地域ごとのルールに従うのか

 著作権は常に尊重している。各国のコンテンツホルダーとパートナーシップを
結ぶことで対応していきたい。
視聴者にとって最適なサービスを追求するのが基本だが、コンテンツホルダーにとって
新たな収益を生む仕組みも考えていく。


http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT10000019062007


6 : 新宿在住(福岡県):2007/06/20(水) 15:18:44 ID:7CMNO3ZD0
カスラックざまぁwwwwwww
 |  22:40 |  ネット・PC  | トラックバック(0)  | コメント(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。